History Search
    Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search Current Search
31 results are found, Search took 0.047 seconds 1  [2]  [3]
 
1.9つの流行語から見る2013年中国の「経済外交」(2) 

(8)高速鉄道外交 高速鉄道のprはすでに中国の経済外交の必須項目で、東南アジア、中央アジア、東欧諸国はいずれも中国の高速鉄道の販売対象となっている。 中国は本国を起点とする高速鉄道網を積極的に整備している。その狙いは、周辺国との経済貿易交流を拡大し、中国の発展のボーナスを享受するとともに、中国の発展に必要な

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/25/content_30998455_4.htm - 2013-12-25

2.外交におけるさまざまな贈り物 

、国家レベルの「セールス」であることは間違いない。 中国は国家間の贈り物を一貫して大変重視し、かつ熟達してきている。例えば李総理がキャメロン首相に贈呈した高速鉄道モデルについて于氏は「大変良いアイディアだ。現在中国の高速鉄道は急速に発展している。他国に高速鉄道を売り込む契機に乗じ、この贈り物は世界に非常に強いメッセー

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-12/24/content_30983218_3.htm - 2013-12-24

3.中英協力の三大戦略効果 

3つの地位を反映した外交を積極的に展開してきた。つまり中英関係には3×3=9つのモデルがある。中英、中国と西側、世界という中英関係の3つの大きな組み合わせは、外交関係の対等性を強調して初めて現実的意義を持つ。この3つの大きな組み合わせは、中英協力には3つの大きな戦略効果があることを示している。(文:王義◆(◆は木へんに

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-12/04/content_30790954.htm - 2013-12-04

4.キャメロン英首相が本日訪中 正常な軌道に乗る中英関係 

会の改革政策への関心も表明。「この重要な文書を私は真剣に研究している。英中両国がこれについて協力の機会をより多く探ることを希望する」と述べた。また「訪中時に高速鉄道に乗り、成都で火鍋(中国風しゃぶしゃぶ)を食べることも心待ちにしている」とユーモラスに語った。 ■貿易・ビジネス関係に着眼 経済・貿易協力に多大な潜在力

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-12/02/content_30772271.htm - 2013-12-02

5.李総理の外遊、「高速鉄道外交」が中国の名刺に 

相、セルビアのダチチ首相は同日、ベオグラードとブダペストを結ぶセルビア―ハンガリー間鉄道の共同建設を発表した。中東欧諸国の首脳と会談した際に、李総理は中国の高速鉄道を力強くprし、「中国は関連諸国と共同で、鉄道を中国と中東欧諸国の提携の新たな注目点にする」と表明した。 李総理は26日、中東欧の16カ国の首脳?代表者ら

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/27/content_30721333.htm - 2013-11-27

6.李総理の外遊、「高速鉄道外交」が中国の名刺に 

、インラク首相と中国高速鉄道展を視察した。李総理は中国とタイの鉄道提携強化を希望した。 李総理はこの2ヶ月内の2回の外遊で、中国の高速鉄道を自らprした。一部メディアは、「高速鉄道外交」は中国の名刺になったと分析した。「高速鉄道外交」を通じて、「メイド?イン?チャイナ」が海外で華々しく登場し、国際市場で「中国高速鉄

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/27/content_30721333_2.htm - 2013-11-27

7.日本企業 「軍団」で東南アジア鉄道産業に進出 

 ここ数年来、日本政府は東南アジアの鉄道インフラ建設向け輸出の推進に力を入れ、新幹線をアピールする「新幹線外交」を長らく展開してきた。10年にはベトナムがハノイ-ホーチミン間の全長1555キロメートルに及ぶ高速鉄道の修理プロジェクトを日本企業にまかせることを決定し、投資額は560億ドルに上った。このプロジェクトは12年

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/06/content_30518219_3.htm - 2013-11-06

8.日本企業 バンコク都市型鉄道の建設を受注 

かし「アジア高速鉄道の戦い」において、日本は機先を制していない。ドイツのシーメンス、フランスのアルストム、カナダのボンバルディアによる3大企業は、世界鉄道建設の過半数のシェアを占めており、中国の高速鉄道も日本の主な競合相手だ。 日本政府は近年、東南アジアへの鉄道インフラ輸出に取り組んでおり、「新幹線外交」を長く続け

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/04/content_30494265_2.htm - 2013-11-04

9.中国の高速鉄道が東南アジアに①その原動力とは 

同発展させる構想を示した。備忘録の署名後、タイはaseanの中でベトナムおよびラオスに続く、中国とアジア横断鉄道を共同建設する新たなパートナーになった。「高速鉄道外交」は深い影響をもたらし、中国はこれにより東南アジアの新たな局面を切り開くことができる。 コア技術 高速鉄道をタイに輸出、その原動力とは 李総理はイン

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-10/23/content_30378123.htm - 2013-10-23

10.中国の高速鉄道が東南アジアに①その原動力とは 

ている。中国は高い技術力と優秀な人材を持ち、高速鉄道の十分な競争力を形成している」と説明した。 技術力のほかに、ある世界高速鉄道研究報告によると、海外の高速鉄道建設コストは1キロ当たり5000万ドルだが、中国は3300万ドルのみだ。高いコストパフォーマンスは、「高速鉄道外交」のもう一つの重要な武器だ。 「中国

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-10/23/content_30378123_2.htm - 2013-10-23

11.中国が東南アジアで切った4つの有効なカード 

での3つの協力枠組みの提唱でも、中国の投入できる力を前提にした。だが中国は自らの力を盲信しているわけでは決してない。ましてや、いわゆる金銭外交を推し進めてはいない。タイでの高速鉄道技術の売り込みであれ、ベトナムとの通貨スワップの推進であれ、中国の打ち出した協力枠組みは、自らの力の運用の熟達度の高まりを具体的に示すもの

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-10/16/content_30312299_2.htm - 2013-10-16

12.香港紙:李総理がタイで「高速鉄道外交」を展開 

や「パンダ外交」にも匹敵する。香港「文匯報」が13日に伝えた。 タイのバンコクを訪問した中国国務院の李克強総理は12日、タイのインラック首相と共に中国高速鉄道展を見学した。双方は、中国とタイの鉄道分野の協力がもたらすと見られる「中国のスピード」に深い興味を示した。李克強総理はインラック首相に中国の高速鉄道の建設の成

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-10/14/content_30289588.htm - 2013-10-14

13.香港紙:李総理がタイで「高速鉄道外交」を展開 

おける価格は日本の半分だと見られている。あるメディアは、中国は「高速鉄道外交」を展開しており、これは「ピンポン外交」「パンダ外交」にも匹敵すると分析。香港「アジア週刊」最新号は、「中国は高速鉄道外交により日本の東南アジアでの勢力に対抗 」という見出しの文章を掲載し、中国の外交戦略が変わる中、「高速鉄道外交」は新しい分

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-10/14/content_30289588_3.htm - 2013-10-14

14.香港紙:李総理がタイで「高速鉄道外交」を展開 

側は積極的な姿勢を示すと同時に、双方が実質的な協力を早期開始することを望んでいる」と述べた。中国鉄道総公司のフィージビリティースタディによると、タイが中国の高速鉄道技術を導入した場合、バンコクからインラック首相の故郷のチェンマイまでの移動距離678キロを現在の11時間から3時間に大幅に短縮できる。 タイは2014年に

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-10/14/content_30289588_2.htm - 2013-10-14

15.外交部:李克強総理のasean関連首脳会議出席について 

とって重要な意義を持つ。李総理はタイの王室、政府、議会の首脳と会談し、両国関係および関心を共有する国際・地域問題について踏み込んで意見交換する。また、タイ国会での演説、バンコクで開催される中国高速鉄道展への出席、社会各界との幅広い接触を予定している。双方は「中国・タイ関係発展長期計画」を共同発表し、協力文書に調印する。

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-10/08/content_30227836_3.htm - 2013-10-08


1  [2]  [3]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved