History Search
    Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search Current Search
406 results are found, Search took 0.062 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.中国で、新エネルギー車が大都市路線バス買い換え時の第1の洗濯肢に 

トルネックがうち破られる日が待たれる。 北京と同様、中国の大都市の多くは、電気の新エネルギー車を路線バスの新たな方向性とする。上海は来年から、路線バスにおける新エネルギー車の割合を50%以上にするという。北汽集団、比亜迪などの中国自動車メーカーは、路線バスに照準を合わせる構えだ。北汽集団は今年、電池製造会社を立ち上げ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/16/content_30908865_3.htm - 2013-12-16

2.中国で、新エネルギー車が大都市路線バス買い換え時の第1の洗濯肢に 

17年までに、同集団の路線バス車両2万1千台は、新エネルギー車とクリーンエネルギー車の割合が66%になる見込みだ。毎年、燃料消費を15万トン削減することができ、これは小型自動車10万台の一年間の走行をまかなえる量だ。窒素酸化物(nox)の排出量も50%、粒子状物質の排出量も60%、それぞれカットできるとみられる。 北

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/16/content_30908865_4.htm - 2013-12-16

3.北京、pm2.5に宣戦布告 「5年で大気の質を大幅改善」 

全面的改善に向けた22項目の措置を制定、自動車台数と排気ガスのコントロールに着手する。2017年までに、全市の自動車保有量を600万台以内に抑え、市街地中心部での公共交通機関利用率を52%まで引き上げる。廃車寸前の自動車100万台を淘汰し、排気ガス基準をさらに高め、新エネルギー車の普及を促進し、公共交通システムを大々

http://japanese.china.org.cn/life/2013-12/09/content_30842790.htm - 2013-12-09

4.トヨタ 広州モーターショーは小型車を中心に 

トヨタはこれまでずっと全方位的な研究開発を進め、省エネ・新エネルギー技術を推進してきた自動車メーカーであり、これに加えて豊富な製品ラインナップも備えている。これには、一汽トヨタと広汽トヨタがそれぞれ研究開発した独自ブランドの電気自動車(ev)のコンセプトカー、小型evコンセプトカーの「ft-ev3」、プラグインハイブリ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/29/content_30749476_2.htm - 2013-11-29

5.同時期開催の中・日・米モーターショー 影響力でしのぎを削る 

ち世界初公開の車両が30台(海外企業の10台を含む)と新記録を創った。 広州モーターショーでは、新エネルギー車が目玉となった。海外メーカー、中国メーカー、中外合弁メーカーなどがそれぞれ新エネルギー車を発表した。 自動車専門ニュースサイト「盖世汽車網」の呉碩成編集長は24日、インタビューに応え、「今年の広州モーターシ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/28/content_30736918.htm - 2013-11-28

6.トヨタ開発センターが江蘇で竣工 ハイブリッド現地化へ 

紙にしないためにも、この道を真剣に検討する必要がある。「国際商報」が伝えた。  11月14日、トヨタ自動車研究開発センター(中国)有限公司(tmec)の竣工式が江蘇省常熟で行われた。この1週間前には、新エネルギー電池メーカーの湖南科力遠が4.5億元を投じた長沙工場が正式に操業開始となった。この工場は、ハイブリッドカ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/19/content_30640218.htm - 2013-11-19

7.トヨタ開発センターが江蘇で竣工 ハイブリッド現地化へ 

最高で1台5万元にのぼった。だが今年9月17日、財政部(財政省)と科技部(科学技術省)、工業・情報化部(工業・情報化省)、発展改革委員会の4部門は、「新エネルギー自動車の応用普及活動の継続展開に関する通知」を共同発表し、プラグインハイブリッドカーの補助金を3万5千元に減らし、ハイブリッドカーの3千元の補助金はゼロとな

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/19/content_30640218_2.htm - 2013-11-19

8.トヨタ開発センターが江蘇で竣工 ハイブリッド現地化へ 

したトヨタ自動車研究開発センター(中国)有限公司(tmec)は、正規のテストコースと研究設備を備えた総合的な自動車研究開発基地である。トヨタにとっては、世界的な重要性を持つ最先端キー技術の開発基地となり、世界にまたがる研究開発体系の中でも最大規模の開発センターとなる。同社の主要業務には、省エネ・新エネルギー車の部品の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/19/content_30640218_3.htm - 2013-11-19

9.新エネルギー車 中央財政が40億元の補助金を支給 

ラ整備は、174軒の充電(交換)スタンド、約8000基の充電設備のみとなった。しかし環境保護の圧力に直面した各大都市は、新エネルギー車への支援の強化を余儀なくされる。 新エネルギー車はかつて国内自動車業界で、海外を追い抜ける分野とされていた。中国自動車工程学会常務副理事兼秘書長の張進華氏は、「長年の発展を経て、国内自動

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/15/content_30615788.htm - 2013-11-15

10.青島と三菱 協力強化してシンボル的プロジェクトを 

進めたい考えだ。重点産業での協力では、同市は三菱化工産業パークの建設を一層進展させると同時に、三菱グループが鉄鋼分野、スマート設備製造、航空宇宙設備、新エネルギー自動車、省エネ・環境保護分野、金融分野で同市と協力を進めること希望。また生活に関わる産業の分野では、双方が健康・介護などをめぐり協力を展開するよう呼びかけて

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/14/content_30601634_2.htm - 2013-11-14

11.中日対訳証券ニュース 2013年11月11日 

露,包括示范城市名单在内的新能源汽车第二期示范政策将很快公布。 中国、新エネルギー関連企業の外資導入ルートの充実化を図る 中国商務部外資司の邱麗新副司長は、先般開催された第2回中国・太平洋島国フォーラムの省エネ・新エネ自動車発展シンポジウムで、一定の条件に合致した新エネルギー関連企業の海外上場や、海外

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/11/content_30564999_3.htm - 2013-11-11

12.中国商務部、新エネルギー関連企業の外資導入ルートの充実化を図る 

同シンポジウムに出席した中国自動車技術研究センターの呉志新副主任はまた、試行都市のリストを含めた第2ステップの新エネ自動車政策の試行に関する具体案がまもなく発表されることを明らかにした。 「中国証券報」より2013年11月11日

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/11/content_30563583_2.htm - 2013-11-11

13.中国商務部、新エネルギー関連企業の外資導入ルートの充実化を図る 

エネ・新エネ自動車発展シンポジウムで、一定の条件に合致した新エネルギー関連企業の海外上場や、海外のベンチャー投資の導入に支援を提供するなど、これら企業の外資導入ルートの充実化を図るという商務部の方針を明らかにした。 邱副司長によると、省エネ・新エネ自動車の発展を促進するため、商務部は新たな外資導入の方法を模索し

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/11/content_30563583.htm - 2013-11-11

14.中国政府、『生態文明建設に関する意見』を近く発表へ 

大会の報告での生態文明の建設に対する要求に応じて、具体的な計画を提起する。経済構造の戦略的調整を推進する事が趣旨である。今後、省エネ・環境保護、新エネルギー新エネルギー自動車、有機農業、生態系の修復・再生・保護などといったグリーン産業が、政策による一層の後押しを受けることになる。 「中国証券報」より 2013年1

http://japanese.china.org.cn/txt/2013-11/05/content_30503253.htm - 2013-11-05

15.中日対訳証券ニュース 2013年11月5日 

意見』は、中国共産党第18回全国代表大会の報告での生態文明の建設に対する要求に応じて、具体的な計画を提起する。経済構造の戦略的調整を推進する事が趣旨である。今後、省エネ・環境保護、新エネルギー新エネルギー自動車、有機農業、生態系の修復・再生・保護などといったグリーン産業が、政策による一層の後押しを受けることになる。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-11/05/content_30504204_4.htm - 2013-11-05


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved