History Search
    Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search Current Search
2367 results are found, Search took 0.047 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.中国内陸部と香港、近くファンド相互承認に関する取り決めに調印へ 

行っていないファンド商品に直接投資できるようになる。31日付中国証券報が伝えた。 業界関係者は、「このウィンウィンの政策は、適格海外機関投資家(QFII)と人民元適格海外機関投資家(RQFII)制度実施以来のさらなる開放政策であり、中国内陸部と香港の資本市場のつながりが大幅に強化されるだろう」と指摘する。 「中国証券

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/31/content_31055169.htm - 2013-12-31

2.中日対訳証券ニュース 2013年12月31日 

陸部で登録を行っていないファンド商品に直接投資できるようになる。31日付中国証券報が伝えた。 業界関係者は、「このウィンウィンの政策は、適格海外機関投資家(QFII)と人民元適格海外機関投資家(RQFII)制度実施以来のさらなる開放政策であり、中国内陸部と香港の資本市場のつながりが大幅に強化されるだろう」と指摘する。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/31/content_31055197_2.htm - 2013-12-31

3.中日金融機関の架け橋 中国銀行東京支店を取材 

をカバーする円建て口座とスイフト(外国送金などに利用される国際通信手段)により、顧客に効果的な決済サービスを提供している。  また中国銀行はクロスボーダー人民元建て決済を主業務とし、人民元建て事業の豊富な経験を持つ。東京支店は人民元建て事業のトップクラスの優位により、顧客を中心としたオーダーメイド型の人民元総合サー

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/30/content_31046422_2.htm - 2013-12-30

4.中日金融機関の架け橋 中国銀行東京支店を取材 

、「現地のグローバル企業(特に中国に投資企業を持つ)が最優先する銀行」、「現地の主要代理店が最優先する中国資本銀行」、「日本市場のクロスボーダー貿易における人民元建て決算で最優先される銀行」として位置づけている。  中国銀行東京支店の事業規模は、在日中国資本銀行の中で最大規模となっている。彼らはいかにして150人以

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/30/content_31046422_3.htm - 2013-12-30

5.資金争奪戦で不利な立場にある中国の大手銀行 

コンサルティング会社の普益財富のデータによると、60行は先週に計308種の人民元建て債券、通貨型資産運用商品を発行した。期限は3―730日、期待年間収益率は2.50―7.00%とまちまちだ。これらの商品の平均期待収益率は5.58%に達したが、その前の週であれば5.39%と低かった。期待収益率の上昇に伴い、商品が飛ぶよう

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/27/content_31025218_2.htm - 2013-12-27

6.資金争奪戦で不利な立場にある中国の大手銀行 

付中国証券報が伝えた。 年末の銀行金融商品の価格戦争において、一部の株式制銀行の金融商品が注目を集めている。光大銀行の26日の金融商品リストのうち、人民元建て金融商品の期待年間収益率は最高で6.8%に、最低でも6.1%に達している。民生銀行が同日販売した金融商品のうち、期待年間収益率が6.0%を下回る商品は2

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/27/content_31025218.htm - 2013-12-27

7.中日対訳証券ニュース 2013年12月27日 

27日付中国証券報が伝えた。 年末の銀行金融商品の価格戦争において、一部の株式制銀行の金融商品が注目を集めている。光大銀行の26日の金融商品リストのうち、人民元建て金融商品の期待年間収益率は最高で6.8%に、最低でも6.1%に達している。民生銀行が同日販売した金融商品のうち、期待年間収益率が6.0%を下回る商品は2

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/27/content_31026217_5.htm - 2013-12-27

8.9つの流行語から見る2013年中国の「経済外交」(2) 

00億元、2000億元規模の通貨スワップ協定で合意した。 swift(国際銀行間金融通信協会)が発表した10月の統計によると、貿易金融における利用シェアで人民元がユーロを抜いて世界2位となった。国際決済銀行(bis)は今年9月発表した統計によると、2010年に世界第17位だった人民元の国際化は2013年には第9位に

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/25/content_30998455_5.htm - 2013-12-25

9.中国で午年の1元記念硬貨が発行 

中国人民銀行(中央銀行)は24日、2014年の年賀記念硬貨を発行した。同普通記念硬貨は現行の人民元と同じ機能を持ち、同じ額面の人民元と同じく流通可能で、1億枚が発行される。中国新聞網が伝えた。(編集yh) 「人民網日本語版」2013年12月24日

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/24/content_30990207.htm - 2013-12-24

10.人民元、年内に1ドル=6元を割ることはない 

際金融報が伝えた。 みずほ証券アジアの沈建光氏は取材に、一方的な上昇基調は長くは続かず、年内に1ドル=6元を割ることはないとの見方を示した。「現在の人民元上昇は短期的な国内外経済の変化によるものに過ぎず、今後の経済の主たる基調ではない。したがって人民元の上昇、外貨買取専用資金の増加も短期的現象に過ぎない」。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/23/content_30975131.htm - 2013-12-23

11.人民元、年内に1ドル=6元を割ることはない 

維持するとの国際投資家の楽観的ムードが強化された。 第3に、中国の金利は世界的に優位性を備える。世界の流動性が依然緩和基調にある中、中国人民銀行はすでに融資を引き締め、金利が上昇している。 したがって中長期的な経済情勢から見て、人民元が上昇し続けることはない。(編集na) 「人民網日本語版」2013年12月23日

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/23/content_30975131_2.htm - 2013-12-23

12.中国銀行 人民元は上下双方向変動基調を強める 

11月末までに対米ドルですでに2.5%上昇。人民元相場は長年の上昇を経て、均衡水準に近づきつつあり、上下双方向の変動基調を強めるだろう。 報告によると、今後人民元相場は変動性を強める。中国の経済構造はよりバランスの取れたものになり、大規模な貿易黒字は計上せず、人民元の持続的上昇を支えるのは難しくなる。中国人民銀行は為

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/22/content_30969946.htm - 2013-12-22

13.甲午戦争から120年 日本は中国の敵ではない 

、東南アジア諸国連合(asean)プラス3(中日韓)の自由貿易区だけでなく、2012年6月からはそれまでドルを介していた世界第2、第3の経済大国である中国の人民元と日本の円の直接取り引きが始まった。これは中日の経済貿易関係の深遠な発展を後押ししただけでなく、国際通貨体制の改革に深遠な影響を及ぼし、ひいては国際取引通貨

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2013-12/16/content_30906229.htm - 2013-12-16

14.日本を除くアジア各国、2014年の成長率6%に達する見込み=ubs 

ガポールドルは資本の流出を食い止める能力があることを証明すると見られる。一方、インド・ルピーとインドネシア・ルピアは資金流出のリスクに直面する可能性がある。人民元は安定しているため、好感されるだろう。全体的に言えば、アジアの株式のバリュエーション(株価評価)は魅力があり、中でも中国市場は際立って魅力的である。 報告

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/13/content_30889057.htm - 2013-12-13

15.中国、金融改革から突破口を見出すべき 

タグフレーションだ。2008年以降、外需が減り続けるなか、中国政府が投資拡大を通じて経済を牽引してきた。そこで貸付が急速に拡大し、流動性の緩和と経済の鈍化、人民元上昇と景気下振れ、cpi(消費者物価指数)とppi(生産者物価指数)の逆方向の推移という3つの背離が生じた。米国は経済の深刻な衰退を代償に、かなりの金融引き

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-12/12/content_30878598.htm - 2013-12-12


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved