Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
126 results are found, Search took 0.079 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]
 
1.日本の百年間の対外戦略 モデルチェンジを模索中 

る。 また日本は中国の「海上シルクロード」付近に防衛線を引き、ベトナムの海洋安全能力の建設及び経済発展戦略への取り組みを拡大している。インドネシアでは中国と高速鉄道プロジェクトをめぐり激しく競争し、ミャンマーでは中国の鉄道建設プロジェクトを妨害する消極的な効果を発揮した。さらに日本はインド洋沿岸のパキスタン、スリランカ

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/26/content_50968235_0.htm - 2018-04-26

2.日本の百年間の対外戦略 モデルチェンジを模索中 

る。 また日本は中国の「海上シルクロード」付近に防衛線を引き、ベトナムの海洋安全能力の建設及び経済発展戦略への取り組みを拡大している。インドネシアでは中国と高速鉄道プロジェクトをめぐり激しく競争し、ミャンマーでは中国の鉄道建設プロジェクトを妨害する消極的な効果を発揮した。さらに日本はインド洋沿岸のパキスタン、スリランカ

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/26/content_50968235_2.htm - 2018-04-26

3.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

益に合致する。これは地政学的な常識であり、道を見失った日本がそこに回帰することにも必然性がある。そうなれば日本の戦略的空間が開け、国の安全情勢が好転し、経済・外交でもより有利な位置を占めることができる。 中日関係の再構築は、中国にとっても重大な戦略的意義があり、地域の平和と安定にプラスの材料となる。中国は米日同盟関係を

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-04/16/content_50890937_0.htm - 2018-04-16

4.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

をはるかに上回っており、2017年の中国のgdpは日本の2.5倍以上となった。中国の自動車、携帯電話、家電などの消費市場の規模も、日本に大差をつけた。中国の高速鉄道、高速道路の建設規模は日本の比ではない。日本社会は両国のこの差に徐々に慣れており、中国とアジアで覇を競おうとする心理も瓦解し始めている。 戦略的に米国一辺倒

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/16/content_50890937_2.htm - 2018-04-16

5.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

益に合致する。これは地政学的な常識であり、道を見失った日本がそこに回帰することにも必然性がある。そうなれば日本の戦略的空間が開け、国の安全情勢が好転し、経済・外交でもより有利な位置を占めることができる。 中日関係の再構築は、中国にとっても重大な戦略的意義があり、地域の平和と安定にプラスの材料となる。中国は米日同盟関係を

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/16/content_50890937_0.htm - 2018-04-16

6.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

をはるかに上回っており、2017年の中国のgdpは日本の2.5倍以上となった。中国の自動車、携帯電話、家電などの消費市場の規模も、日本に大差をつけた。中国の高速鉄道、高速道路の建設規模は日本の比ではない。日本社会は両国のこの差に徐々に慣れており、中国とアジアで覇を競おうとする心理も瓦解し始めている。 戦略的に米国一辺倒

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-04/16/content_50890937_2.htm - 2018-04-16

7.米日印豪の態度から見る「インド太平洋戦略」の行方 

平洋戦略」が新政権のアジア太平洋戦略となったことを明示した。米国が「インド太平洋戦略」を実行するのは、インド洋―太平洋地域において、政治(民主主義の価値観)、外交(徒党を組む)、軍事(軍事演習、武器売却)などの総合的手段を講じて、中国の台頭を抑え込み、中国の影響力を弱めることで、自国の覇権的地位を維持・確保することが目

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-02/26/content_50608110_2.htm - 2018-02-26

8.米日印豪の態度から見る「インド太平洋戦略」の行方 

太平洋覇権体制に長年依存している。民主・自由の価値観を基礎とする西側国というのが、自らの位置づけだ。国家安全保障上の利益と価値観の指向がオーストラリアを軍事・外交面で米日に一層接近させている。経済も対米依存が強い。オーストラリア外務貿易省の2016年の統計では、米国の対豪投資残高は1兆豪ドル近くで、中国の対豪投資残高の

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-02/26/content_50608110_0.htm - 2018-02-26

9.「インド太平洋戦略」の行方(1) 

産業協力が増えるだろうと表明した。日本はインドとの防衛関係も強化し続けている。2017年9月13日、安倍首相はインドを訪問し、モディ首相と会談した。両首相は高速鉄道、貿易、防衛などの分野の協力について話し合った。インドは日本の飛行艇us-2の購入を計画しており、日本と原子力協力事業も始める。(編集na)「人民網日本語版

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-02/22/content_50583071_0.htm - 2018-02-22

10.「中国の速度」を体験! 世界の技術構造を変える中国の高速鉄道 

で欧米日などのグローバル企業に寡占されていたが、この局面は中国によって変わりつつある。中国の高速鉄道は自主研究開発を踏まえた上で、導入・消化・吸収・再革新を行い、今や世界の先頭集団に入っている」と指摘した。  「高速鉄道外交」  「一帯一路」により良く貢献  昨年12月21日、中国・タイの代表者に見守られ、タイ初の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-02/12/content_50494252_0.htm - 2018-02-12

11.「中国の速度」を体験! 世界の技術構造を変える中国の高速鉄道 

 「高速鉄道外交」  「一帯一路」により良く貢献  昨年12月21日、中国・タイの代表者に見守られ、タイ初の高速鉄道である「中国・タイ鉄道協力プロジェクト1期」が正式に着工された。中国の高速鉄道を100%採用するこの高速鉄道の全長は約253キロ、設計上の最高時速は250キロだ。開通後、バンコク〜ナコーンラーチャシーマー

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-02/12/content_50494252_3.htm - 2018-02-12

12.良識と責任感を持った日本の政治家を追憶するーー趙啓正氏の目に映った野中広務氏 

中氏は、中日の相互信頼と協力は時代の流れであり、両国の共通利益に合致すると見定め、多方面における日本と中国の協力を一貫して促進することを堅持し続けた。中国が高速鉄道の発展を目指したいと知ると、彼は何度も協力の意思を表し、日本の新幹線の成功経験を中国と共有し、日中協力を深く促進しようと考えた。  京滬(北京―上海)高速鉄

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-01/30/content_50354877.htm - 2018-01-30

13.良識と責任感を持った日本の政治家を追憶するーー趙啓正氏の目に映った野中広務氏 

察は自分の職責に忠誠を尽くし、日本総領事館の安全を断固として守り、外部の乱入者を阻止したので、彼らに尊敬の意を表すべきだ。もし日本政府がそう思わないなら、中国外交部に正式に外交文書を提出し、今後、中国の武装警察は二度と乱入者を阻止しなくてもいいと明記してほしい。だだし、日本側は十分な部屋を用意し、次々とやって来る乱入者

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-01/30/content_50354877_0.htm - 2018-01-30

14.日本の「平和の灯」、中日友好関係に尽力した野中広務氏 

「中国の武装警察は職責を忠実に守り、毅然たる姿勢で日本総領事館の安全を守った。彼らに敬意を表するべきだ。日本にこうするべきではないと考える人がいるならば、中国外交部に問い合わせ、今後は中国の武装警察に脱北者を無理に遮らせないよう要請すればいい。引きも切らず訪れる脱北者を受け入れる十分な部屋を確保しているか、日本側にはよ

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-01/29/content_50344383.htm - 2018-01-29

15.海外での中国のイメージ・好感度が緩やかに上昇中 

組みが海外で評価され、特に科学技術分野と経済分野でのグローバルガバナンスへの関与が高く評価されている。年齢の高いクラスターに比べ、海外の若者は中国の国内政治や外交の取り組みをより高く評価する」という。また同報告は分析を踏まえて、「回答者は一般的に中国の今後の発展に期待を寄せ、中国が近く世界一のエコノミーになり、ますます

http://japanese.china.org.cn/life/2018-01/07/content_50200023.htm - 2018-01-07


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved