Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
99 results are found, Search took 0.094 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]
 
1.「一帯一路」構想はグローバル経済の重心を変える=外国メディア 

有する米国債を上回る収益を得ようとしているとの見解を示した。 報道によると、同構想を研究したことがある中国駐在のeu外交官、チャールズ・パートン氏は「一帯一路」構想について、中国が国内企業--高速鉄道メーカーから電気通信企業まで--の経験蓄積と国際ブランド構築を手助けすることができると指摘し、「彼らは今後、中国企業に

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-05/14/content_40809889.htm - 2017-05-14

2.海外メディア、中国製品とブランドを評価 

ー施設への投資が急増し、かつ大半が発展途上国に向けられた。これは「インフラ外交」の発展途上国への魅力を浮き彫りにしており、かつ世界の開発の中心的な投資家としての地位を強化した。 工業やエネルギーなどのプロジェクト以外にも、海外メディアは高速鉄道や衛星などの国家的ブランドの、世界への影響にも注目している。有人宇宙船「神

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/11/content_40599682_3.htm - 2017-04-11

3.2017年度政府活動報告 

各種市場主体が一日平均で4万5000社増えたことになる。新たな原動力は、発展の新天地を担いつつある。 ――生産や生活を支えるインフラの力が持続的に向上した。高速鉄道の新規営業距離が1900キロを超え、高速道路が6700キロ以上、農村道路が29万キロ新規建設または改修された。都市の軌道系交通や共同溝の整備が加速した。21

http://japanese.china.org.cn/japaneseapp/2017-03/08/content_40430095.htm - 2017-03-08

4.中日の高速鉄道合戦、全世界に波及 

ンプルだ。日本―インド―中国という政治のトライアングルの情勢が、非常に明瞭だからだ。インドは近年、インドネシアのような戦略的「迂回」を選択していない。インドが外交関係を発展させる際に、日本側を重視していることは紛れもない事実だ。両国の現在の経済貿易関係は、中国―インドを大きく下回るが。 全体的に見て、日印の準同盟関係

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-12/02/content_39836330_2.htm - 2016-12-02

5.東南アジアへの外交攻勢、日本の目的とは? 

シアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画にむけ、日本の新幹線を極力prした。 東南アジア諸国は日本の狙いを、腹の底では知り抜いている。彼らは日本からの経済・技術援助を積極的に獲得しようとしているが、南中国海などの問題で唆されても、中国対抗の駒になろうとしていない。 アナリストは「東南アジア諸国の外交は、最終的に自国の利益を

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-11/23/content_39769284.htm - 2016-11-23

6.日本が中古船で、マレーシアを抱き込みか 

だ。許与されるのは海上保安庁の中古船で、全長90メートル。日本の政府開発援助によって補修し、来年1月にもマレーシアに引き渡す予定だ。また日本は、マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画の、来年の国際入札に参加の意向を示しており、これも会談の議題になりそうだ。 「中国網日本語版(チャイナネット)」2016年11月15日

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-11/15/content_39707930.htm - 2016-11-15

7.日本のインド抱き込み、狙いは中国けん制 

で、「インドは日本から原発・軍事技術を得ようとしており、同時に日本の資金を利用し高速鉄道を建設しようとしている。日本はインドを中国けん制の軌道に引き込もうとしている」と伝えた。 モディ首相が訪日中に何を議論するかという質問に対して、中国外交部の陸慷報道官は10日「我々は周辺諸国が正常な二国間関係を発展させることを楽観し

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-11/11/content_39684535.htm - 2016-11-11

8.日本、インドに「外交攻勢」をかける 

技術を含む、原子力協定の国内手続きを完了したと表明した。原子力の他に、日本は新幹線のprを続ける。インドの高速鉄道計画によると、双方はムンバイとアーメダバード間を新幹線で結ぶことで合意している。 二重の目的 外交学院国際関係研究所の周永生教授は「原子力協力と新幹線は、日本経済の海外進出の2枚の切り札だ。日本はこの2つ

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-11/11/content_39684850.htm - 2016-11-11

9.第12回北京―東京フォーラム、成功裏に閉幕 

企業の高速鉄道、化学工業、低炭素・省エネ、環境改善、高齢者福祉事業などの分野の協力について、積極的に検討した。特に新しいインターネットビジネスは来賓の興味を引き、中日の協力は将来性が高いとされた。また来賓は中日韓自由貿易区の互恵効果を早期実現すべきと呼びかけた」と話した。 上海市日本学会の呉寄南会長は政治・外交分科会

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-09/29/content_39398987.htm - 2016-09-29

10.安倍氏がキューバに手土産も、中国対抗は不可能 

じた。香港紙・南華早報は、中日の総理が相次いでキューバを訪問し、両国の東南アジアとアフリカにおける競争を想起させると論じた。中国と日本はインドネシアやタイで高速鉄道プロジェクトの受注をめぐり争っている。日本が開催するアフリカ開発会議は、中国の中国・アフリカ協力フォーラムを念頭に置いているとされている。nhkは23日、安

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-09/26/content_39373267.htm - 2016-09-26

11.世界経済に急速にとけ込む中国 時代は同舟共済 

ルプロジェクト(のウズベキスタン国内部分)の竣工・開通、ジャカルタ-バンドン高速鉄道の先行区間の建設、スリランカのコロンボ港湾城の工事再開などの成果があり、スリランカ・ハンバントタ港の第2期プロジェクトもまもなく着工する。米シンクタンク・外交問題評議会のシニア研究員のスチュワート・パトリック氏はこのほど発表した論説の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2016-08/17/content_39112494.htm - 2016-08-17

12.中ロが重要な共同声明を発表、世界の戦略的安定に寄与 

の共同声明に調印した。また経済・貿易、外交、インフラ、技術革新、農業、金融、エネルギー、メディア、ネットワーク、スポーツなどの分野の30以上の協力文書の調印を見守った。ロ中双方は58件の経済・貿易協定について協議し、価値にして500億ドル規模にのぼる。これにはロシア国内の高速鉄道建設計画が含まれる」と報じた。 「中ロ

http://japanese.china.org.cn/japaneseapp/2016-06/27/content_38756745.htm - 2016-06-27

13.中ロが重要な共同声明を発表、世界の戦略的安定に寄与 

の共同声明に調印した。また経済・貿易、外交、インフラ、技術革新、農業、金融、エネルギー、メディア、ネットワーク、スポーツなどの分野の30以上の協力文書の調印を見守った。ロ中双方は58件の経済・貿易協定について協議し、価値にして500億ドル規模にのぼる。これにはロシア国内の高速鉄道建設計画が含まれる」と報じた。 「中ロ

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-06/27/content_38752264.htm - 2016-06-27

14.プーチン氏が25日に訪中、重要な政治文書に調印へ 

る。20日付香港紙・南華早報は、中ロが高速鉄道プロジェクトの契約を結ぶと報じた。ロシア紙・ニェザヴィーシマヤ・ガゼータは「大ユーラシアを念頭に置く訪問」と題した記事の中で、ロシアはプーチン大統領の訪問中、中国と「大ユーラシア」経済関係の構築について交渉を開始すると報じた。 中国外交部の華春瑩報道官は、中ロ首脳は多くの重

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-06/21/content_38710184.htm - 2016-06-21

15.中国・中東欧の協力に、新たな原動力を注ぐ 

意を目指すことで、地域における地位を高めようとしている」と報じた。 セルビアにおいて、中国企業はドナウ川をまたぐゼムン・ボルカ橋、ベルグラード〜ブタペスト高速鉄道を建設し、現地の発電所を改築し、セルビアe763高速道路の2区間を建設した。在中国セルビア大使は一帯一路について「中国企業、インフラ整備に尽力する中国金融機

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2016-06/17/content_38688784.htm - 2016-06-17


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved