Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
134 results are found, Search took 0.079 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]
 
1.安倍氏がモディ氏を厚遇 大国間で「バランス外交」を推進 

中に関する具体的な状況を伝え、かつ戦略的連携により中国に「共同対処」する態度を示す。日本メディアは、安倍氏はインド首脳との関係強化を通じ、大国間での「バランス外交」をさらに推進すると分析した。モディ氏も先ほどnhkの独占インタビューに応じた際に、印日は相手国の発展において不可欠なパートナーであり、両国の協力関係のさらな

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-10/29/content_68868298.htm - 2018-10-29

2.海外の高速鉄道建設、中日は協力できるか 

を維持する外交の手腕を見せている。 今回のタイの提案は、まずバランスを取るためだ。中日の今回のタイにおける協力は、主にドンムアン国際空港、スワンナプーム国際空港、ウタパオ国際空港を結ぶ高速鉄道プロジェクトだ。中日は近年高速鉄道をめぐり、タイで激しい競争を展開している。日本が建設するバンコク〜チェンマイ高速鉄道、中国が建

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-09/22/content_63582023.htm - 2018-09-22

3.海外の高速鉄道建設、中日は協力できるか 

を維持する外交の手腕を見せている。 今回のタイの提案は、まずバランスを取るためだ。中日の今回のタイにおける協力は、主にドンムアン国際空港、スワンナプーム国際空港、ウタパオ国際空港を結ぶ高速鉄道プロジェクトだ。中日は近年高速鉄道をめぐり、タイで激しい競争を展開している。日本が建設するバンコク〜チェンマイ高速鉄道、中国が建

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-09/22/content_63582023_0.htm - 2018-09-22

4.「一帯一路」、中国・マレーシア協力の重要なプラットフォームに 

フラプロジェクトに懸念を示したこともある。今回の訪中は、双方が関連問題について意思疎通し、疑いを払拭し信頼を深める一助になる。マハティール氏は中国で、中国の高速鉄道を体験した。マハティール氏はこれまで何度も、中国の発展はマレーシアの発展を促し、「一帯一路」が沿線諸国に確かな利益をもたらしていると表明している。中国側はマ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/20/content_59415247.htm - 2018-08-20

5.「一帯一路」は中国マレーシア協力の重要プラットフォームに 

権に返り咲いてから初の訪中であり、asean以外の国を訪問するのも再登板後初だ。18日夜、浙江省視察訪問を終えて北京入りしたマハティール首相を、王毅国務委員兼外交部長(外相)は自ら空港で出迎え、慣例を破る手厚い待遇で善意を示した。(文:蘇暁暉・中国国際問題研究院国際戦略研究所副所長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-08/20/content_59436508_0.htm - 2018-08-20

6.「一帯一路」は中国マレーシア協力の重要プラットフォームに 

ラ事業を問題視した。今回の訪中は双方がこうした問題について意思を疎通し、相互信頼を深め、疑念を解消するうえで助けとなる。マハティール首相は訪中時、特に中国の高速鉄道に試乗する意向だ。実はマハティール首相は以前、中国の発展はマレーシアの発展に資し、中国側の「一帯一路」構想は沿線各国に確かな利益をもたらしていると繰り返し指

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-08/20/content_59436508.htm - 2018-08-20

7.「一帯一路」、中国・マレーシア協力の重要なプラットフォームに 

かつ再任後でasean以外の国を訪れるのも初。中国側は訪問日程を念入りに計画していた。マハティール氏は18日に浙江省の訪問活動を終え北京入りし、王毅国務委員兼外交部長が自ら空港まで出迎え、破格の待遇で善意を示した。  マレーシア下院の総選挙が終わり新政権が発足してから、中国・マレーシア関係の動向が注目されてきた。両国関

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/20/content_59415247_0.htm - 2018-08-20

8.改革開放40年 列車上の中国人の写真で見る変化 

る。2009年、広州―北京。上段ベッドの乗客がパソコンに興じながら長い夜を過ごす。2010年、北京―瀋陽。アイマスクをして眠る若者。2011年、北京―上海の高速鉄道のビジネス車両。2012年、宜昌―漢口。一人に一つずつipad。壮観だ。2013年、北京―上海。パソコンで仕事する女性。ほかの乗客は眠ったり、暇そうにしてい

http://japanese.china.org.cn/photos/2018-07/24/content_57816733_0.htm - 2018-07-24

9.日本の百年間の対外戦略 モデルチェンジを模索中 

る。 また日本は中国の「海上シルクロード」付近に防衛線を引き、ベトナムの海洋安全能力の建設及び経済発展戦略への取り組みを拡大している。インドネシアでは中国と高速鉄道プロジェクトをめぐり激しく競争し、ミャンマーでは中国の鉄道建設プロジェクトを妨害する消極的な効果を発揮した。さらに日本はインド洋沿岸のパキスタン、スリランカ

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/26/content_50968235_0.htm - 2018-04-26

10.日本の百年間の対外戦略 モデルチェンジを模索中 

る。 また日本は中国の「海上シルクロード」付近に防衛線を引き、ベトナムの海洋安全能力の建設及び経済発展戦略への取り組みを拡大している。インドネシアでは中国と高速鉄道プロジェクトをめぐり激しく競争し、ミャンマーでは中国の鉄道建設プロジェクトを妨害する消極的な効果を発揮した。さらに日本はインド洋沿岸のパキスタン、スリランカ

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/26/content_50968235_2.htm - 2018-04-26

11.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

益に合致する。これは地政学的な常識であり、道を見失った日本がそこに回帰することにも必然性がある。そうなれば日本の戦略的空間が開け、国の安全情勢が好転し、経済・外交でもより有利な位置を占めることができる。 中日関係の再構築は、中国にとっても重大な戦略的意義があり、地域の平和と安定にプラスの材料となる。中国は米日同盟関係を

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-04/16/content_50890937_0.htm - 2018-04-16

12.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

をはるかに上回っており、2017年の中国のgdpは日本の2.5倍以上となった。中国の自動車、携帯電話、家電などの消費市場の規模も、日本に大差をつけた。中国の高速鉄道、高速道路の建設規模は日本の比ではない。日本社会は両国のこの差に徐々に慣れており、中国とアジアで覇を競おうとする心理も瓦解し始めている。 戦略的に米国一辺倒

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/16/content_50890937_2.htm - 2018-04-16

13.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

益に合致する。これは地政学的な常識であり、道を見失った日本がそこに回帰することにも必然性がある。そうなれば日本の戦略的空間が開け、国の安全情勢が好転し、経済・外交でもより有利な位置を占めることができる。 中日関係の再構築は、中国にとっても重大な戦略的意義があり、地域の平和と安定にプラスの材料となる。中国は米日同盟関係を

http://japanese.china.org.cn/txt/2018-04/16/content_50890937_0.htm - 2018-04-16

14.両国関係を正常な軌道に、中日の真の「大局」 

をはるかに上回っており、2017年の中国のgdpは日本の2.5倍以上となった。中国の自動車、携帯電話、家電などの消費市場の規模も、日本に大差をつけた。中国の高速鉄道、高速道路の建設規模は日本の比ではない。日本社会は両国のこの差に徐々に慣れており、中国とアジアで覇を競おうとする心理も瓦解し始めている。 戦略的に米国一辺倒

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-04/16/content_50890937_2.htm - 2018-04-16

15.米日印豪の態度から見る「インド太平洋戦略」の行方 

太平洋覇権体制に長年依存している。民主・自由の価値観を基礎とする西側国というのが、自らの位置づけだ。国家安全保障上の利益と価値観の指向がオーストラリアを軍事・外交面で米日に一層接近させている。経済も対米依存が強い。オーストラリア外務貿易省の2016年の統計では、米国の対豪投資残高は1兆豪ドル近くで、中国の対豪投資残高の

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-02/26/content_50608110_0.htm - 2018-02-26


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved