Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
532 results are found, Search took 0.078 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.10年連続世界一も自動車販売数減 どう見るか 

新技術・新ビジネスモデルが発展しており、新エネルギー車産業も急速に発展している。長期的に見ると、中国の自動車保有台数は先進国の水準よりはるかに少ないため、発展余地はまだまだ大きいといえる。 中国自動車工業協会は1月14日、2018年度自動車販売データを発表した。2018年の自動車工業は全体的に安定しており、政策やマクロ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/19/content_74382794.htm - 2019-01-19

2.10年連続世界一も自動車販売数減 どう見るか 

と販売台数は減少するかもしれない。経験的にいえば、中国は世界の半分以上を占める新エネルギー車市場であり、2019年は20%~30%の増加もあり得る」と述べる。市場低迷がしばらく続く懸念も 工業情報化部の苗圩部長は先日行われた「中国電気自動車百人会フォーラム(2019)」で、「2018年の自動車産業は様々な要因で市場が

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/19/content_74382794_3.htm - 2019-01-19

3.10年連続世界一も自動車販売数減 どう見るか 

てる必要はない。歴史的データからみれば、中国がwtoに加盟して以降、自動車販売台数は3度、大幅に下落したことがある。その後は、様々な政策や他の要因から急速に持ち直している。つまり周期的な波を示しているにすぎない」と分析する。なお注目される新エネルギー車 2018年後半、乗用車販売が低迷する中、新エネルギー車が依然とし

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/19/content_74382794_2.htm - 2019-01-19

4.10年連続世界一も自動車販売数減 どう見るか 

る。なお注目される新エネルギー車 2018年後半、乗用車販売が低迷する中、新エネルギー車が依然として注目され、販売台数もうなぎ上りだった。 データによると、2018年の新エネルギー車の生産台数と販売台数はそれぞれ127万台(前年比59.9%増)と125.6万台(同61.7%増)だった。うち純電気自動車の生産台数と販売台

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/19/content_74382794_0.htm - 2019-01-19

5.中国の自動車市場、新エネルギー車が大きな成長エンジンに 

千台。一方で新エネルギー自動車の通年販売台数は100万台の大台を超えた。専門家は、中・長期的に新エネルギー車が中国国内自動車市場の発展をけん引する大きなエンジンになるとみている。 例年の繁忙期、低調な自動車市況が続く 自動車販売台数の統計は、例年の繁忙期に市況低迷が続いたことを示す。2018年12月の乗用車販売台数は

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/13/content_74367856.htm - 2019-01-13

6.中国の自動車市場、新エネルギー車が大きな成長エンジンに 

購入税半減政策が前倒しで一部の需要を後押ししたため、前倒しされた消費の減速が自動車市場の成長鈍化につながったと分析する。中国自動車市場の発展の中・長期的な見通しについては楽観的な見方を示している。 伝統的な自動車市場が劣勢な一方、新エネルギー車市場は強いパフォーマンスをみせている。2018年12月の新エネルギー乗用車

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/13/content_74367856_0.htm - 2019-01-13

7.中国の自動車市場、新エネルギー車が大きな成長エンジンに 

 伝統的な自動車市場が劣勢な一方、新エネルギー車市場は強いパフォーマンスをみせている。2018年12月の新エネルギー乗用車販売台数は前年同期比79.1%増の16万台だった。うちプラグイン式ハイブリッド乗用車は116%増、純電動車は50%増となった。 通年統計をみると、2018年の新エネルギー乗用車販売台数は100万台の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/13/content_74367856_2.htm - 2019-01-13

8.外交部、中国発展のチャンス分かち合う外国企業の増加を歓迎 

」と表明。「中国の改革開放にはしっかりした措置がある。長期的に見て、私は中国の将来に対して楽観的だ」とも述べた。陸報道官は、「テスラ上海工場は、中国が新エネルギー自動車分野の外資の出資制限を緩和してから初となる外資単独出資プロジェクトだ。中国側はこの事業の着工に祝意を表する」と述べた。陸報道官はさらに、「私が報道から

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/11/content_74363887.htm - 2019-01-11

9.商務部、テスラの上海工場設立についてコメント 

商務部の定例記者会見で、高峰報道官は「新エネルギー車のリーディングカンパニーであるテスラの上海工場設立は、中国の新エネ車産業の発展を促す。中国は世界各国の企業が中国で投資し、中国自動車市場の発展のチャンスをシェアすることを歓迎する」と述べた。記者の「中国初の外資単独資本の海外自動車企業プロジェクトが上海で実施されるが、

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-01/11/content_74363388.htm - 2019-01-11

10.李克強総理がテスラ社ceoと会談 

してから初となる外資単独出資事業だ。テスラ社が中国の改革開放の深化に参加し、中米関係の安定・発展を後押しする役割を務めることを希望する」とした。 また新エネルギー自動車産業の発展、科学技術・人・文化分野での中国と外国の革新協力などについてマスク氏と踏み込んで意見交換を行い、「中国は今も、そして今後も長期にわたり外資の

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2019-01/10/content_74360098.htm - 2019-01-10

11.重要先端技術、中国が投資を加速=日本メディア 

万件だが、同期間で5%増とほぼ横ばいだ。  中国は次世代情報技術や新エネルギー車など10の重点分野を設定している。研究力を強化して、25年に世界の製造強国の仲間入りをし、2049年に世界のトップ級になることを目指している。  電池関連の研究は電気自動車(ev)や携帯端末、将来のインフラ網を支えるセンサーや機器などの電

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2019-01/09/content_74355453.htm - 2019-01-09

12.重要先端技術、中国が投資を加速=日本メディア 

万件だが、同期間で5%増とほぼ横ばいだ。  中国は次世代情報技術や新エネルギー車など10の重点分野を設定している。研究力を強化して、25年に世界の製造強国の仲間入りをし、2049年に世界のトップ級になることを目指している。  電池関連の研究は電気自動車(ev)や携帯端末、将来のインフラ網を支えるセンサーや機器などの電

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2019-01/09/content_74355453_0.htm - 2019-01-09

13.鉄鋼生産能力削減の上限目標、2年前倒しで達成の見通し 

られ、新たな情報消費イノベーションが活発になったことがうかがえる。環境にやさしいグリーン建材や高効率・省エネルギー技術を用いた設備機器の普及が加速し、新エネルギー自動車は生産・販売台数とも初めて100万台の大台に乗せたほか、製造業投資は高い水準にまで回復した。  今年の一定規模以上(年間売上高2000万元以上)の工業

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-12/28/content_74321833.htm - 2018-12-28

14.鉄鋼生産能力削減の上限目標、2年前倒しで達成の見通し 

られ、新たな情報消費イノベーションが活発になったことがうかがえる。環境にやさしいグリーン建材や高効率・省エネルギー技術を用いた設備機器の普及が加速し、新エネルギー自動車は生産・販売台数とも初めて100万台の大台に乗せたほか、製造業投資は高い水準にまで回復した。  今年の一定規模以上(年間売上高2000万元以上)の工業

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-12/28/content_74321833_0.htm - 2018-12-28

15.中日韓車載電池メーカー、中国市場での投資を拡大 

場を新設する計画。中国政府が純電気自動車などの新エネルギー車の規制を緩和し、外資導入、新エネ車の普及を促進する政策を打ち出したことから、各電池メーカーは攻勢を強めている。 各メーカーが増産するリチウムイオン電池は、純電気自動車などの電気自動車のコアパーツである。中国は自動車メーカーに対し、政府指定企業の電池を搭載するこ

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-12/26/content_74314798_0.htm - 2018-12-26


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved