Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
318 results are found, Search took 0.078 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.中国、自動車・電子製品分野の外資参入制限を緩和へ 

孫継文報道官は25日、「中国は、海外投資家による自動車を含む先端製造業への投資を歓迎する。現在、『外資投資産業のガイドライン』を改訂しているが、自動車や電子製品、新エネルギー車用電池、オートバイなどの分野で占める外資株への制限が緩和される見通しだ。この改訂版はすでに採択され、間もなく公表される」と明らかにしました。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-05/26/content_40901938.htm - 2017-05-26

2.米gm:2020年までに中国で新エネ車10モデル発売 

するよう求めている。 厳格な排出基準を計画・実施する中国政府は、自動車の平均排出量の目標に達するには全ての自動車メーカーが電気自動車を生産ラインに導入する必要があると考えている。 銭恵康氏は、「2020年までに中国市場で少なくとも10モデルの新エネルギー車を発売し、計画を実現させ、同社を省エネ自動車産業のトップに立た

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/26/content_40694862.htm - 2017-04-26

3.ホンダ、来年はbevを強化 

ダのev成長戦略と将来の生産計画について語った。  近年、世界の自動車排気ガスに対する要求が高まっていることで、各自動車メーカーはevの開発に力を入れている。ホンダもev戦略を推進するが、同時に困難にも直面している。水野氏は、中国は現状、新エネルギーに対する積分法政策の具体的状況を明文規定していないが、政策が施行さ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/25/content_40686966.htm - 2017-04-25

4.ホンダ、来年はbevを強化 

自動車)を発表する予定だ。これはグローバルタイプではなく、中国専用のbevになる」と水野氏は言う。この新車はホンダ合資企業の研究開発部門と研究開発機能を持つ企業との共同開発で、発売されればホンダの新エネルギー積分法問題の解決に利するものとなる。  各国の排ガス基準の要求が日増しに厳しくになるにしたがい、新エネルギー

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/25/content_40686966_2.htm - 2017-04-25

5.フォルクスワーゲン、電気自動車の中国現地生産を推進 

量産車種は2020年以前に中国で生産開始されるということである。 疑いもなく、今回の上海モーターショーで、電気自動車はフォルクスワーゲン社ブランドの中の最大のハイライトの一つである。フォルクスワーゲン社によれば、2025年までの当社ブランドの新エネルギー自動車(エコカー)の世界での販売目標台数は毎年100万台である。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/24/content_40681178.htm - 2017-04-24

6.フォルクスワーゲン、電気自動車の中国現地生産を推進 

ルクスワーゲン社は約30モデルの新世代電気自動車を次々にリリースする。その中でも多くの車種がmebプラットホームに基づくが、中にはmqb、mlbに基づいて生産されるものもある。 中国市場について、クリスチャン・ゼンガー氏は、「2025年までに、フォルクスワーゲン社新エネルギー車の中国市場での販売目標台数は50万台以上

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/24/content_40681178_2.htm - 2017-04-24

7.上海モーターショー かっこいい「ブラックテクノロジー」が登場 

・会長の李斌氏は、「フォーミュラeに参加しep9を発表したのは自社の技術と設計力を検証するためだが、大衆消費市場で認められることで創設したばかりの自動車メーカーは新エネルギー車分野で足場を固めることができる」と話した。7人乗りの純電気suvであるes8量産モデルは中国の大都市の2人の子供がいる家庭をターゲットととし、ボ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/21/content_40665839.htm - 2017-04-21

8.上海モーターショー ブラック技術に注目 新車も続々 

の発売が予定される。このほか観致汽車の「model k-ev」、広汽伝祺の「ge3」、比亜迪の「宋ev」などの新エネルギー車が続々登場し、来場者の目を楽しませた。 ▽新ブランド 妍を競うインターネット自動車メーカー 過去のモーターショーに比べて、今回は規模が過去最大であるだけでなく、自動車の新ブランドの姿が多くみ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/20/content_40659824_3.htm - 2017-04-20

9.上海モーターショー ブラック技術に注目 新車も続々 

も自動的に停車位置に移動する。渋滞時には独立した操作を行う」という。スコダは航続距離が500キロメートル、最高時速が180キロメートルに達する四輪駆動の電気自動車(ev)第1弾を今回のショーでお披露目した。vwはクーペとsuvをクロスオーバーで融合させたev「i.d.crozz」について、20年に中国での大量生産を実

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/20/content_40659824_2.htm - 2017-04-20

10.上海モーターショーが開幕 今年も新エネ車に注目 

て上げた。中国の新エネ車メーカーの多くは、自身のコア競争力を高めるため、国際大手メーカーの「大きな腕」から離れて、自分たちの国際化した技術者チームを結成し、自動車の設計、車台の技術などで世界レベルのチームに参加を呼びかけている。 比亜迪だけでなく、広汽集団や上汽集団も相次いで新エネ車に力を入れ始めた。広汽集団が独自

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/19/content_40652475.htm - 2017-04-19

11.上海モーターショーが開幕 今年も新エネ車に注目 

▽関連データ 中国自動車協会が発表した統計データによると、2017年3月には、中国の新エネルギー車の製造は3万3015台で前年同期比30.9%増加、販売は3万1120台で同35.6%増加だった。電気自動車(ev)の製造は2万6685台で同41.8%増加、販売は2万5342台で同43.3%増加。プラグインハイブリッド車

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-04/19/content_40652475_2.htm - 2017-04-19

12.北京の個人新エネルギー車ナンバー、今月で今年分なくなる 

北京市の2017年第2期自動車ナンバープレート抽選は4月26日に行われる。小客車指標調控管理弁公室は4月9日、第2期ナンバープレート抽選の申請件数を発表した。4月8日24時までに、個人の新エネルギー車ナンバープレート申請件数と延期確認件数は2万6362件に達した。 2017年の個人の新エネルギー車ナンバープレート発行件

http://japanese.china.org.cn/environment/txt/2017-04/15/content_40625658.htm - 2017-04-15

13.中国カーシェアリング市場は千億元規模 国内外の大手が相次いで参入 

シェアリング拠点200カ所の設立と駐車場7500カ所の改築を目指されている。 2016年4月には、睿馳達新能源汽車科技有限公司が大連市で「氫氪出行」新エネルギー自動車プロジェクトを開始。現時点で新エネルギー車100台余りを保有しており、今年中に全国25都市への事業展開を計画している。 「易開租車」は蕪湖市で利用拠

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-03/31/content_40535262_3.htm - 2017-03-31

14.中国カーシェアリング市場は千億元規模 国内外の大手が相次いで参入 

、10数億元を投じてカーシェアリングを開始し、緑行租車、北京出行、北京緑行などのカーシェアリングブランドを打ち出したと説明している。 evcardは新エネルギー自動車のカーシェアリング企業「環球車享」の傘下ブランドとして、上海市だけで自動車6000台超、営業拠点2500カ所、1日当たり利用者数は延べ1万5000人、

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-03/31/content_40535262_2.htm - 2017-03-31

15.中国とオーストラリア、科学技術イノベーション協力が活発化 

サウスウエールズ大学との提携は、「たいまつプログラム」が多くの企業を伴って海外の大学と提携する初の事例だ。対象はグラフェンケーブル、環境保護フィルム、新エネルギー自動車、太陽光エネルギーなどのハイテク分野で、中国とオーストラリア両国の科学技術イノベーション交流の新たなプラットフォームとなる。 サウスウエールズ大学の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-03/27/content_40506176_2.htm - 2017-03-27


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved