Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
478 results are found, Search took 0.078 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.工業情報化部、新エネ車30社を「特別公示」に指定 

に487社の電気自動車メーカーがあるが、国家発展改革委員会が認可した新エネルギー車投資プロジェクトはまだ16件しかなく、新エネルギー車の生産は資源不足となっている。  工業情報化部は、華晨汽車、哈飛、広汽本田、万向電動汽車、山東麗馳新能源など30社の新エネルギー車メーカーを盛り込んだ第1陣『新エネルギー車生産企業特別公

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/25/content_64003662.htm - 2018-09-25

2.工業情報化部、新エネ車30社を「特別公示」に指定 

に487社の電気自動車メーカーがあるが、国家発展改革委員会が認可した新エネルギー車投資プロジェクトはまだ16件しかなく、新エネルギー車の生産は資源不足となっている。  工業情報化部は、華晨汽車、哈飛、広汽本田、万向電動汽車、山東麗馳新能源など30社の新エネルギー車メーカーを盛り込んだ第1陣『新エネルギー車生産企業特別公

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/25/content_64003662_0.htm - 2018-09-25

3.中国輸入博覧会 多国籍自動車メーカーが参加に意欲 

業の全面的開放が深化を続け、自動車など各産業の開放の要望への対応が進められ、外資による株保有率の制限が緩和され、とりわけ自動車産業の外資の株保有率の制限が緩和された。今年はさらに専用車、新エネルギー車での外資の株保有率の制限が撤廃される見込みだ。また2018年7月1日より、中国は完成車の輸入関税を15%まで引き下げ、

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/12/content_63390869.htm - 2018-09-12

4.中国輸入博覧会 多国籍自動車メーカーが参加に意欲 

フューエル セル」はホンダが初めて売り出したfcvであり、16年に日本で発売されたが、中国ではまだ発売されていない。注目されるのは、ホンダが中国市場での新エネルギー製品の配置をさらに充実させ、18年4月には国家工商行政管理総局商標局に「clarity」商標の登録申請を提出するなどして、この車種を中国に導入する機が熟す

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/12/content_63390869_2.htm - 2018-09-12

5.中国輸入博覧会 多国籍自動車メーカーが参加に意欲 

は6%まで引き下げた。政策の後押しを受けて、自動車産業は博覧会参加に意欲をみせており、米国、日本、フランス、ドイツ、イタリアなどのメーカー数十社が参加を申し込んでいる。輸入博覧会は多国籍企業が中国の消費者にその実力を示す重要なプラットフォームであり、窓口であり、新エネルギー車が注目点の一つになる見込みだ。長年にわたり

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/12/content_63390869_0.htm - 2018-09-12

6.改革開放実施40年、中国の消費市場が大きな変貌を遂げる 

した。自動車小売額は4兆2千億元で1998年の169倍となり、ここ20年の年平均増加率は30%を超えている。また、車種構造も大きく変わり、自動車消費の高度化を示すsuvと新エネルギー自動車が大きく増えた。  情報消費では、インターネットのなかでも特にモバイルインターネットの普及率が年々上昇し、携帯電話やpcに代表される

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/06/content_62539304_0.htm - 2018-09-06

7.改革開放実施40年、中国の消費市場が大きな変貌を遂げる 

機、冷蔵庫の所有台数はそれぞれ123.8台、95.7台、98台に達した。自動車小売額は4兆2千億元で1998年の169倍となり、ここ20年の年平均増加率は30%を超えている。また、車種構造も大きく変わり、自動車消費の高度化を示すsuvと新エネルギー自動車が大きく増えた。  情報消費では、インターネットのなかでも特にモバ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/06/content_62539304.htm - 2018-09-06

8.中国新エネ車産業に複数のリスク 生産能力過剰や資源制約 

2018中国自動車産業発展(泰達)国際フォーラムで、中国の新エネルギー車産業に存在する問題が関心を集めた。 中国の新エネルギー車産業の発展は誰の目にも明らかである。産業規模を見ると、新エネルギー車生産・販売台数は2009年の約500台から今年は150万台に増加する見通し。技術レベルについては、新エネルギー車主流モデル

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/03/content_61898266.htm - 2018-09-03

9.中国新エネ車産業に複数のリスク 生産能力過剰や資源制約 

試練がある。また、動力電池のリサイクル、電力クリーン化などの問題も浮き彫りとなっている。 中国科学院院士・清華大学自動車工学部教授の欧陽明高氏は、中国の自動車市場の開放が進むにつれ、多くの外資新エネルギーブランドが中国市場に進出するようになり、2020年以降の中国の電気自動車分野の競争構造は全面的に変化すると見ている

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/03/content_61898266_2.htm - 2018-09-03

10.中国新エネ車産業に複数のリスク 生産能力過剰や資源制約 

。宋秋玲氏によると、新エネルギー車の増加に伴い、世界の金属資源争いが激化している。中国はリチウムやコバルトなどの主な動力電池資源が不足しており、資源の安定した供給と価格の安定という試練がある。また、動力電池のリサイクル、電力クリーン化などの問題も浮き彫りとなっている。 中国科学院院士・清華大学自動車工学部教授の欧陽明高

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/03/content_61898266_0.htm - 2018-09-03

11.中国自動車市場を評価し日本3大メーカーが生産力拡大 

を一新する予定だ。日産の現在の中国生産能力は年間160万台前後で、計画では生産設備を増強して50万台前後拡大し、中国年間生産能力が200万台を超える初の日本自動車メーカーになることを目指すという。ホンダは他社に先駆けて生産能力の増強を進めている。これまで生産能力に困っていた東風ホンダは、昨年末に神竜汽車の第2工場を「

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/28/content_60717727.htm - 2018-08-28

12.byd、ブラジルの都市警備隊に電気自動車30台交付 

満足が得られた。bydの電気自動車は環境に優しく汚染がなく、同市の交通電気化および環境の持続可能な発展の促進につながる。同市政府は18年3月、電気自動車の使用奨励に関する法令を発布した。  bydの電気自動車は世界200以上の都市に交付されており、2015年から17年まで、世界新エネルギー車販売台数ランキングで1位に

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/04/content_57939023.htm - 2018-08-04

13.純炭負極材料、evの航続距離を600キロに 

量(バッテリー単体のエネルギー密度)は完全に、リチウムバッテリー用負極材料の成分の合成によって決まる。中国初の新エネ用リチウムバッテリーの発明者、成都南光新エネルギー公司チーフエンジニアの劉昌国氏によると、リチウムバッテリーの国産化以降、負極材料は天然グラファイトを主成分としてきた。充電時間が長く、単体の容量密度が低い

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-07/29/content_57340707.htm - 2018-07-29

14.「レンタル経済」が新人気ジャンルに 95後が中心 

元(1元は約16.4円)、1分1角(1角は10分の1元)で、距離と時間を合算し、1回あたりの費用は3~5元ほどで、タクシーよりだいぶ安い。車は国産の新エネルギーの電気自動車(ev)が多く、大気汚染も少ない。大学の近くにカーシェアリングの営業スポットがあるので、出かける時にはカーシェアリングを選ぶようになった」という。「

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-07/28/content_57850205_0.htm - 2018-07-28

15.「レンタル経済」が新人気ジャンルに 95後が中心 

元(1元は約16.4円)、1分1角(1角は10分の1元)で、距離と時間を合算し、1回あたりの費用は3~5元ほどで、タクシーよりだいぶ安い。車は国産の新エネルギーの電気自動車(ev)が多く、大気汚染も少ない。大学の近くにカーシェアリングの営業スポットがあるので、出かける時にはカーシェアリングを選ぶようになった」という。1

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-07/28/content_57850205.htm - 2018-07-28


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved