Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
1827 results are found, Search took 0.062 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.輸入品が一般家庭に浸透 生活がより素晴らしいものに 

の大金だった。  当時は金持ちであれば輸入品を購入できるわけではなく、外貨券が必要だった。外貨券は一種の独特な現象で、1980年から15年間にわたり外貨券と人民元が市場に同時に流通していた。多くの外国人の記憶によると、当時、外貨券は中国を訪れる外国人および帰国する華僑のために発行され、ホテル、友誼商店、免税店などの特

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-11/12/content_71935371_0.htm - 2018-11-12

2.輸入品が一般家庭に浸透 生活がより素晴らしいものに 

の大金だった。  当時は金持ちであれば輸入品を購入できるわけではなく、外貨券が必要だった。外貨券は一種の独特な現象で、1980年から15年間にわたり外貨券と人民元が市場に同時に流通していた。多くの外国人の記憶によると、当時、外貨券は中国を訪れる外国人および帰国する華僑のために発行され、ホテル、友誼商店、免税店などの特

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-11/12/content_71935371_2.htm - 2018-11-12

3.人民元の特別引出権採用 

る。人民元がsdrに加わったことは、imfが初めて新興経済国の通貨を準備通貨にしたということで、国際通貨の舞台における人民元の地位を大いに高めることになる。人民元がsdrに加わったのは、中国の金融システムが数十年の改革開放を経て、たゆまぬ努力をした結果で、中国の総合国力と改革開放の成果に対する国際社会の肯定と賛同だだ

http://japanese.china.org.cn/jp/china_key_words/2018-11/06/content_68832083.htm - 2018-11-06

4.外資が輸入博覧会に殺到 金融による中国開放拡大へのサポート力が増す 

サービスをもたらす。 スタンダードチャータード銀行は、外資系銀行は中国系銀行との事業提携で、クレジットカード、決済、通貨スワップ、資産証券化、越境サービス、人民元越境使用、海外m&a、グローバル経営などの分野で相互補完、互恵・ウィンウィンを実現し、利用客により全面的な金融サービスをできるとした。これは中国金融市場の世

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-11/05/content_70333042_3.htm - 2018-11-05

5.外資が輸入博覧会に殺到 金融による中国開放拡大へのサポート力が増す 

サービスをもたらす。 スタンダードチャータード銀行は、外資系銀行は中国系銀行との事業提携で、クレジットカード、決済、通貨スワップ、資産証券化、越境サービス、人民元越境使用、海外m&a、グローバル経営などの分野で相互補完、互恵・ウィンウィンを実現し、利用客により全面的な金融サービスをできるとした。これは中国金融市場の世

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-11/05/content_70333042_0.htm - 2018-11-05

6.互恵とウィンウィン、中日の協力が新たな段階に 

2002年の10倍に相当する。同協定は中日両国の企業の自国及び第三国における相手側の通貨の使用限度を効果的に緩和する。両国企業が経済・貿易・投資を拡大することを力強く促し、かつ人民元の国際化を推進できる。中日両国の経済協力に新たな分野が備わり、新たな持続可能な発展の動力と継続力を生み出したことが分かる。 1 2 >

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-10/31/content_69234652.htm - 2018-10-31

7.全面的な開放拡大で、中国資本市場の影響力が急上昇 

イアール)傘下の青島海爾は24日、独フランクフルトにある中国欧州国際取引所(ceinex、中欧所)に上場した。同社は欧州資本市場への進出成功に伴い、中欧所に人民元建て株式(d株)を上場させ、中国の欧州におけるオフショアブルーチップ市場の開設という初の偉業を成し遂げた。  中欧所の陳晗co-ceo(共同経営責任者)は取

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/31/content_69270863_2.htm - 2018-10-31

8.全面的な開放拡大で、中国資本市場の影響力が急上昇 

イアール)傘下の青島海爾は24日、独フランクフルトにある中国欧州国際取引所(ceinex、中欧所)に上場した。同社は欧州資本市場への進出成功に伴い、中欧所に人民元建て株式(d株)を上場させ、中国の欧州におけるオフショアブルーチップ市場の開設という初の偉業を成し遂げた。  中欧所の陳晗co-ceo(共同経営責任者)は取

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/31/content_69270863_0.htm - 2018-10-31

9.互恵とウィンウィン、中日の協力が新たな段階に 

相当する。同協定は中日両国の企業の自国及び第三国における相手側の通貨の使用限度を効果的に緩和する。両国企業が経済・貿易・投資を拡大することを力強く促し、かつ人民元の国際化を推進できる。中日両国の経済協力に新たな分野が備わり、新たな持続可能な発展の動力と継続力を生み出したことが分かる。  日本の河野太郎外相と中国交通部

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-10/31/content_69234652_0.htm - 2018-10-31

10.中日の第三国市場での協力、高い将来性を秘める 

した。これには、日本側に「人民元適格海外機関投資家(rqfii)」制度の2000億元の投資枠を与え、両国の通貨スワップ再開について原則的な共通認識を形成し、人民元決済銀行を東京で設立することを歓迎するといった内容が含まれる。愛知大学国際中国学研究センターの李博客員研究員は、中国のこれらの措置は両国の金融協力の質向上と

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-10/29/content_68874160_2.htm - 2018-10-29

11.中日の第三国市場での協力、高い将来性を秘める 

地域の持続可能な発展に必要な金融システムの強化を促すことができる。 中日双方は今年5月、金融分野の協力をめぐり一連の共通認識を形成した。これには、日本側に「人民元適格海外機関投資家(rqfii)」制度の2000億元の投資枠を与え、両国の通貨スワップ再開について原則的な共通認識を形成し、人民元決済銀行を東京で設立するこ

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2018-10/29/content_68874160_0.htm - 2018-10-29

12.中国銀行が日本の人民元決済銀行に 貿易投資に便宜 

より中国銀行は香港・澳門(マカオ)・台湾地区、ドイツ、フランス、オーストラリア、マレーシア、ハンガリー、南アフリカ、ザンビア、米国、日本など12の国と地域で人民元決済銀行の業務を担うことになった。人民網が伝えた。日本で人民元決済銀行が確定したことは、中日両国の企業・金融機関が元建てで国境を越えた取引に役立ち、二国間の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/29/content_68883315.htm - 2018-10-29

13.米国による為替レート問題の政治化、中国が反対を表明 

道官は、次のように述べた。 一国が為替レートを操作しているか、一国の為替レートが合理的であるかについては、国際通貨基金に権威ある評価方法が存在する。また最近になり、人民元レートとファンダメンタルズが一致するという結論が導き出された。中国が為替レートを操作していないという結論は、国際社会の共通認識でもある。1 2 >

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/26/content_68298532.htm - 2018-10-26

14.米国による為替レート問題の政治化、中国が反対を表明 

返し表明している。中国は今後、為替レート市場化改革を確固不動の姿勢で掘り下げ、市場供給を基礎とし、通貨バスケットを参考に調節・管理する変動為替レートの改善を継続する。人民元レートの合理的かつバランスの取れた水準での基本的な安定を維持する。 「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年10月26日< 1 2

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/26/content_68298532_2.htm - 2018-10-26

15.米国による為替レート問題の政治化、中国が反対を表明 

次のように述べた。 一国が為替レートを操作しているか、一国の為替レートが合理的であるかについては、国際通貨基金に権威ある評価方法が存在する。また最近になり、人民元レートとファンダメンタルズが一致するという結論が導き出された。中国が為替レートを操作していないという結論は、国際社会の共通認識でもある。 中国は責任ある大国

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/26/content_68298532_0.htm - 2018-10-26


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved