Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
1484 results are found, Search took 0.078 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.中国スマホ、値上げの背景 

っている。昨年後半からすべての電子産業で部品の不足や価格上昇がみられた。加えて人件費コストやオンライン・オフラインのチャネルコストも上がっている。 さらに人民元安が加わることで、多くのメーカーのコストが大幅に上昇したのだ。 普段に上昇するコスト。そしてほぼ原価、あるいは赤字での販売価格。存続も危うい状況の中、値上げ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/19/content_40300837.htm - 2017-02-19

2.中国スマホ、値上げの背景 

っている。昨年後半からすべての電子産業で部品の不足や価格上昇がみられた。加えて人件費コストやオンライン・オフラインのチャネルコストも上がっている。 さらに人民元安が加わることで、多くのメーカーのコストが大幅に上昇したのだ。 普段に上昇するコスト。そしてほぼ原価、あるいは赤字での販売価格。存続も危うい状況の中、値上げ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/16/content_40300837.htm - 2017-02-16

3.中国、日本国債の最大保有国に 

新しい現象だと思う」と述べる。  中国が米国債保有を減少させ、日本国債を増加させているのは、同国が投資の組み合わせを多様化させ、米ドル依存を減らすとともに人民元の国際化を進めるという狙いもある。 円高もあって日本国債はほぼノーリスク 2%のインフレターゲット設定を達成するため、日本は2016年1月からマイナス金利

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/15/content_40291366_2.htm - 2017-02-15

4.中国、日本国債の最大保有国に 

の新しい現象だと思う」と述べる。  中国が米国債保有を減少させ、日本国債を増加させているのは、同国が投資の組み合わせを多様化させ、米ドル依存を減らすとともに人民元の国際化を進めるという狙いもある。 円高もあって日本国債はほぼノーリスク 2%のインフレターゲット設定を達成するため、日本は2016年1月からマイナス金利

http://japanese.china.org.cn/japaneseapp/2017-02/15/content_40293465.htm - 2017-02-15

5.王暁輝編集長:トランプ氏の交渉術は中米関係に大ダメージを与える可能性がある 

――ドナルド・トランプ氏は中国を盛んに「為替操作国」だとし、米国の雇用を奪っていると批判しています。 最近、人民元の対ドルレートは確かに下落していますが、人民元の下落はドル高の結果であり中国が為替レートを操作しているというのは客観的ではありません。 一つの産業が、ある国から別の国へと拠点を移す場合、それは多くの利

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2017-02/10/content_40262483.htm - 2017-02-10

6.対外開放拡大で中国市場の魅力が一段と高まる 英シンクタンク 

ロセスにおいて、中国の対外開放のスピードは目を見張るものがあり、変化も極めて大きく、今後もこの勢いが続くとみているとの見方を示した。 英国は金融インフラや人民元の国際化などの分野で強みを持っており、中国との間で自由貿易協定に向けた交渉を進めている。ロンドンがより門戸を開く姿勢を維持するなか、中国の開放政策が一段と推

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/10/content_40262964_2.htm - 2017-02-10

7.王暁輝編集長:トランプ氏の交渉術は中米関係に大ダメージを与える可能性がある 

――ドナルド・トランプ氏は中国を盛んに「為替操作国」だとし、米国の雇用を奪っていると批判しています。 最近、人民元の対ドルレートは確かに下落していますが、人民元の下落はドル高の結果であり中国が為替レートを操作しているというのは客観的ではありません。 一つの産業が、ある国から別の国へと拠点を移す場合、それは多くの利点

http://japanese.china.org.cn/japaneseapp/2017-02/10/content_40263572.htm - 2017-02-10

8.対外開放拡大で中国市場の魅力が一段と高まる 英シンクタンク 

プロセスにおいて、中国の対外開放のスピードは目を見張るものがあり、変化も極めて大きく、今後もこの勢いが続くとみているとの見方を示した。 英国は金融インフラや人民元の国際化などの分野で強みを持っており、中国との間で自由貿易協定に向けた交渉を進めている。ロンドンがより門戸を開く姿勢を維持するなか、中国の開放政策が一段と推

http://japanese.china.org.cn/japaneseapp/2017-02/10/content_40263501.htm - 2017-02-10

9.外貨準備高の減少ペースは鈍化する 専門家 

また李研究員は、「人民元の対ドルレートが双方向に変動し、変動幅が拡大していることは人民銀の目下の相場コントロールの方向性に合致している。これと同時に、外貨準備の持続的な減少は人民銀の金融政策を牽制することになり、国内の金融政策が安定・ニュートラル、マージナルという点で引き続き引き締め基調を取る状況は変わらず、国際収支の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/09/content_40256311_4.htm - 2017-02-09

10.外貨準備高の減少ペースは鈍化する 専門家 

17年には中国の国境を越えた資本流出の規模は縮小し、外貨準備高の減少ペースは鈍化するだろう」と予測する。 華泰証券の李超チーフマクロ研究員は、「このたびの人民元の切り上げ幅は米ドル指数の低下幅には及ばず、人民元は17年も切り上げ圧力を受けるとみられる。米ドル指数が上昇の動きをみせれば、人民元の切り下げ調整のペースは

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/09/content_40256311_3.htm - 2017-02-09

11.外貨準備高の減少ペースは鈍化する 専門家 

在、中国経済における中高速成長の持続、経常項目の黒字の維持、財務状況の好転、金融システムの安定といった基本的側面には変化がなく、こうしたプラス要因はいずれも人民元が安定した強い通貨となるよう継続的に支えており、外貨準備高が合理的でゆとりある水準を保つよう促進している」。 招商証券の謝亜軒チーフマクロアナリストは、「

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/09/content_40256311_2.htm - 2017-02-09

12.春節明けの中国株式市場、好材料盛り沢山で株価押し上げに期待 

に上るという。 これと同時に、深圳と香港市場間の株式相互取引制度「深港通」、上海と香港市場間の株式相互取引制度「滬港通」、適格海外機関投資家(qfii)、人民元適格海外機関投資家(rqfii)、適格国内機関投資家(qdii)といった双方向の取引制度の実施により、2017年の中国資本市場は国際化が一段と進む見通しだ。

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-02/03/content_40214564_3.htm - 2017-02-03

13.中国銀行業純利益、2016年は3.54%増 

率は、前四半期比0.02ポイント低下の1.74%。通年の不良債権比率は安定を維持した。人民日報が伝えた。 データによると、中国銀行業金融機関の2016年末の人民元・外貨建て資産総額は、前年比15.8%増の232兆元。人民元・外貨建て負債総額は16.0%増の215兆元となっている。(編集yf) 「人民網日本語版」201

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-01/26/content_40185763.htm - 2017-01-26

14.ハンガリーで欧州初の人民元建て銀行カードが発行 

同地区での人民元の影響力を高めた。両国はその後、限度額100億元と160億ハンガリー・フォリント(huf)の通貨スワップ協定を締結。中国の銀行間為替市場では人民元とハンガリー・フォリント(huf)の直接取引を開始した。marton nagy副総裁は、両国の金融機関が今後も相互に学習し、実務協力を深化させることを望むと

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-01/26/content_40185334_2.htm - 2017-01-26

15.ハンガリーで欧州初の人民元建て銀行カードが発行 

uf)を通貨としている。中国系金融機関がこれまで欧州で発行した銀行カードの多くはユーロ建てだったが、中国とハンガリー両国の投資貿易増加と旅行者の急増に伴い、人民元建て銀行カードへの需要が高まっていた。 中国銀行の許羅徳副頭取は、同銀行カードについて、人民元とハンガリー・フォリントを結び付ける、中国・ハンガリー協力の

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2017-01/26/content_40185334.htm - 2017-01-26


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved