Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
308 results are found, Search took 0.062 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.京津冀、ビッグデータ・サプライチェーン構築へ 

。  グランド・デザインについては、北京市、天津市、河北省の各地方政府がそれぞれ指針を策定・発表し、京津冀ビッグデータ産業の共同発展を保証した。天津にある「京津冀ビッグデータ共同処理センター」がその重要インフラとなったほか、河北省廊坊市に建設された「京津冀ビッグデータ感知体験センター」も運営を開始した。  管理システ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-10/19/content_75307722.htm - 2019-10-19

2.京津冀地区、今年の青空防衛戦を展望 

表したものだ。記者は同プランの重要な数字をまとめた。 数字その一 京津冀及び周辺地区の今年の秋・冬季のpm2.5平均濃度を前年同期比で4%低下 同プランは、京津冀及び周辺地区で大気品質の持続的な改善を推進し、2019年の環境大気品質改善目標を全面的に達成し、温室効果ガスの排出を共同削減するよう求めた。秋・冬季期間(2

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-10/18/content_75316024.htm - 2019-10-18

3.北京大興国際空港のハイテク、「中国の速度」を示す 

つ持つ都市にする。両空港の乗客数は年間延べ2億5000万人を突破する。人・モノ・資金・情報の流れといった生産要素が効率的に集約し、150平方キロメートルの臨空経済区を活性化させる。北京及び雄安新区の建設に貢献し、京津冀(北京・天津・河北)区域協同発展を促進する。 「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年9月27日

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-09/27/content_75252063_0.htm - 2019-09-27

4.北京大興国際空港のハイテク、「中国の速度」を示す 

港の乗客数は年間延べ2億5000万人を突破する。人・モノ・資金・情報の流れといった生産要素が効率的に集約し、150平方キロメートルの臨空経済区を活性化させる。北京及び雄安新区の建設に貢献し、京津冀(北京・天津・河北)区域協同発展を促進する。 「中国網日本語版(チャイナネット)」2019年9月27日< 1 2

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-09/27/content_75252063_2.htm - 2019-09-27

5.中国、自由貿易区発展の新たな空間を切り開く 

ールと中国の間の経済貿易協力を推進することが期待される。  今回の自貿区の再拡大は、中国東部沿岸部にある省・自治区・直轄市の自貿区の実践における分断を補い、京津冀共同発展戦略を後押しすると同時に、国境部開放のための環境を創造する。自貿区発展の一貫した原則の通り、開放の実践は、現地の発展につながるだけでなく、中国が一層

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-09/13/content_75200646.htm - 2019-09-13

6.中国の京津冀共同発展戦略が大きく進展 

域経済が着実に発展  経済規模をみると、2018年の京津冀域内総生産は8兆5千億元に上り、5年間の平均成長率が6.6%に達した。都市化の水準で、2018年の京津冀地区都市化率は65.8%と、2014年に比べ4.7ポイント上昇。また、2018年の京津冀の個人可処分所得はそれぞれ6万2361元、3万9506元、2万344

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-08/31/content_75155813.htm - 2019-08-31

7.中国中心都市&都市圏発展指数2018が発表 

機能、メガロポリス、“一帯一路”の3つの小項目指標を設置。行政機能の小項目においては、首都、直轄市、省都の行政機能が高得点となった。長江デルタ、珠江デルタ、京津冀(北京・天津・河北)の3大メガロポリスの都市は、大項目指標において点数が高い。“一帯一路”の小項目では、貿易投資および海外との往来が良好な都市が、上位を占め

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-08/20/content_75119096.htm - 2019-08-20

8.中国の都市部常住人口は8.3億人に増加、戸籍制度改革が全面実施 

24ポイントから16.21ポイントに縮小した。 都市化の急速な推進に伴い、中国の都市分布の構造は改善し続け、集積効果が著しく向上し、長江デルタ・珠江デルタ・京津冀(北京・天津・河北)・成都-重慶・長江中流域・中原・ハルビン-長春・北部湾などの都市群を形成、経済発展を推し進める重要なエンジンとなり、一部の都市群は国際経

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-07/09/content_74971200.htm - 2019-07-09

9.中米経済貿易摩擦のエスカレートを背景とする中国経済の動向(二) 

市と3省は中国発展の力強い活力成長源を構築している。 北京の市街地と大興国際空港を結ぶ北京レール交通新空港線1期プロジェクトがこのほど正式に試運転を開始し、京津冀(北京・天津・河北)協同発展がさらに一歩前進した。 広東省は力強い個人所得税優遇策を打ち出し、粤港澳(広東・香港・マカオ)大湾区のグローバル人材と高級人材を

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-06/26/content_74923945.htm - 2019-06-26

10.京張高速鉄道のレール敷設完了 中国初のスマート高速鉄道 

成」とされ、スマート高速鉄道モデル工事である北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道で12日午前、全線のレール敷設が完了した。新華社が伝えた。京張高速鉄道は京津冀(北京・天津・河北)協同発展の重要基礎プロジェクトで、2022年北京冬季オリンピックの重要な交通保障設備となる。線路の全長は174キロで、起点は北京北駅、終

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-06/13/content_74884356.htm - 2019-06-13

11.京張高速鉄道のレール敷設完了 中国初のスマート高速鉄道 

成」とされ、スマート高速鉄道モデル工事である北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道で12日午前、全線のレール敷設が完了した。新華社が伝えた。京張高速鉄道は京津冀(北京・天津・河北)協同発展の重要基礎プロジェクトで、2022年北京冬季オリンピックの重要な交通保障設備となる。線路の全長は174キロで、起点は北京北駅、終

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-06/13/content_74884356_0.htm - 2019-06-13

12.次世代ai産業、今後の発展の道筋が明らかに 

業の青写真が初歩的に示されている。うち北京市と上海市の国家次世代ai革新発展試験区がすでにけん引力になっており、国家級次世代ai実証パークの推進が加速中だ。京津冀(北京・天津・河北)、長江デルタ、粤港澳(広東・香港・マカオ)を始めとする3大ai産業クラスタが初歩的に形成されており、そのai企業数は全国の86%を占めて

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-05/31/content_74842261.htm - 2019-05-31

13.生態中国、緑が満ちる美しい山西省 

市には総面積132平方キロメートル弱の塩湖がある。塩湖周辺の生態環境が近年持続的に改善され、緑化面積が拡大を続けている。山西省は近年、呂梁山生生態脆弱区、環京津冀生態障壁区、重要水源地植物回復区、通路沿線緑化区を主戦場とし、毎年400万ムー以上の造林を行っている。林業の生態建設が顕著な成果を手にしている。呂梁山は「グ

http://japanese.china.org.cn/life/2019-05/19/content_74795588.htm - 2019-05-19

14.生態中国、緑が満ちる美しい山西省 

市には総面積132平方キロメートル弱の塩湖がある。塩湖周辺の生態環境が近年持続的に改善され、緑化面積が拡大を続けている。山西省は近年、呂梁山生生態脆弱区、環京津冀生態障壁区、重要水源地植物回復区、通路沿線緑化区を主戦場とし、毎年400万ムー以上の造林を行っている。林業の生態建設が顕著な成果を手にしている。呂梁山は「グ

http://japanese.china.org.cn/life/2019-05/19/content_74795588_0.htm - 2019-05-19

15.121都市の大気品質、2018年に目標達成 

汚染の濃度のピーク値、汚染強度、持続時間、影響範囲に顕著な改善があった。 また重点エリアの大気品質が大幅に好転し、秋と冬に重度汚染が依然として多発している。京津冀(北京・天津・河北)及び周辺地区のpm2.5の濃度は11.8%低下し、長江デルタは10.2%低下した。うち北京市のpm2.5の濃度は12.1%低下の51μg

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2019-04/22/content_74708497.htm - 2019-04-22


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved