Search in the results
Sort by pertinence Sort by date Combined Search History Search
245 results are found, Search took 0.047 seconds 1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]
 
1.雄安新区 

拠点と対外協力の新たなプラットフォームを構築する。雄安新区の設立は、北京の首都機能以外の諸機能を集中的に分散・移転し、人口密集地区の新たな開発方式を模索し、京津冀地域の都市配置と空間構造を調整し、革新駆動型発展の新たな発展エンジンを育む上で大きな現実的意義と深遠な歴史的意義がある。雄安新区  雄安新区是中共中央、国务

http://japanese.china.org.cn/jp/china_key_words/2018-11/07/content_70774598.htm - 2018-11-07

2.京張高速鉄道、全面的なレール敷設を開始 

1日に正式に始まった。 京張高速鉄道は国家重点建設プロジェクトであり、2022年北京冬季五輪の重要な交通手段となる。全長は174キロ。竣工後は高速鉄道で北京と張家口の間の移動時間を50分短縮する。五輪をサポートし、京津冀一体化発展を促進し、西部と連結する上で非常に重要な戦略的意義を持つ。1 2 3 4 5 >

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-11/03/content_69909794.htm - 2018-11-03

3.京張高速鉄道、全面的なレール敷設を開始 

クトであり、2022年北京冬季五輪の重要な交通手段となる。全長は174キロ。竣工後は高速鉄道で北京と張家口の間の移動時間を50分短縮する。五輪をサポートし、京津冀一体化発展を促進し、西部と連結する上で非常に重要な戦略的意義を持つ。 中鉄三局の作業員が1節目となる軌框を設置する様子(新華社記者11月1日撮影)作業員が京

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-11/03/content_69909794_0.htm - 2018-11-03

4.中国観光産業博覧会2018、来月天津で開幕へ 

業の最大な会合、協調・相互利益の舞台」がテーマとなっている。  観光業の生産性向上と促進をめざし、観光業と関連産業との融合を大きく推し進め、「一帯一路」と「京津冀共同発展(北京・天津・河北省の一体化構想)」という国家戦略を実行して、「全域観光」や観光関連の設備製造業のイノベーションと発展を推進する。観光業の新業態育成

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-10/24/content_67904287.htm - 2018-10-24

5.北京・天津・河北、重大プロジェクトを発表 

、北京市の2018年の年間重点プロジェクトは276件で、投資総額は約1兆3000億元。うち新規着工は114件で、建設中は162件。43件が年内竣工を目指す。京津冀協同発展、公共サービスの向上と国民生活の保障、都市ガバナンス水準の向上、ハイレベル経済構造の構築が、4大重点分野になっている。 河北省も京津冀協同関連のイン

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-09/20/content_63686439.htm - 2018-09-20

6.中国の浅層地熱エネルギー利用が加速 

末時点で、中国の地中熱ヒートポンプ容量は2万メガワット、浅層地熱エネルギー年間利用量は1900万トン(標準炭換算)に上り、暖房(冷房)床面積は5億㎡を超え、京津冀(北京市、天津市、湖北省)の開発利用規模が最大となっている。  水熱型地熱エネルギーの利用も持続的に拡大している。ここ10年の中国の水熱型地熱エネルギー直接

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/30/content_61066544_0.htm - 2018-08-30

7.中国の浅層地熱エネルギー利用が加速 

末時点で、中国の地中熱ヒートポンプ容量は2万メガワット、浅層地熱エネルギー年間利用量は1900万トン(標準炭換算)に上り、暖房(冷房)床面積は5億㎡を超え、京津冀(北京市、天津市、湖北省)の開発利用規模が最大となっている。  水熱型地熱エネルギーの利用も持続的に拡大している。ここ10年の中国の水熱型地熱エネルギー直接

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/30/content_61066544.htm - 2018-08-30

8.周牧之:グローバリゼーションに乗り、改革開放が開花 

と共同で実施した中国都市化政策に関する調査の責任者を務めた。同調査は、中国の人口と産業・経済が将来的に、珠江デルタ、長江デルタ、そして北京・天津を中心とする京津冀エリアという3大メガロポリスに集中すると予想した。その後の事実は、この予想が的中したことを証明した。  周氏は、予想が正確だったのは、グローバリゼーションと

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/28/content_60655851.htm - 2018-08-28

9.中国の「千里眼計画」、重点エリアの環境監督管理を強化 

 重点エリアの環境監督管理機能を高め、直ちに問題を発見し解消するため、生態環境部は2017年に「千里眼計画」を開始し、要注意エリアの監督管理活動を展開した。京津冀及び周辺地域の「2+26」都市全行政区を、3000×3000メートルのネットワーク(計3万6793カ所)に分けた。衛星リモートセンシング技術を利用し、pm2

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/27/content_60528959.htm - 2018-08-27

10.地方経済の中間報告、3つの見所に要注目 

とめによると、上半期の各地には多くの見所があった。gdp成長率が高い省は長江経済ベルトに集中し、トップ10のうち7を占めた。また東北地区の経済が安定回復し、京津冀(北京・天津・河北)協同発展が顕著だった。 gdp成長率が高い省 長江経済ベルトに集中 地方経済の中間報告を見ると、長江経済ベルトが特に好調で、長江沿いの1

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/14/content_58688004.htm - 2018-08-14

11.地方経済の中間報告、3つの見所に要注目 

の天津口岸通関時間が3日短縮され、北京市と河北省からの貨物が全体の3割を占めた。河北省で計画・展開されている重点プロジェクト「質向上効果拡大イヤー」のうち、京津冀協同発展プロジェクトが4割弱の161件に達している。 さらに京津冀地域産業構造もハイエンド化している。例えば上半期、北京市の新経済付加価値額は前年同期比15

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/14/content_58688004_3.htm - 2018-08-14

12.地方経済の中間報告、3つの見所に要注目 

2%増、民間投資は13.5%増となっている。黒竜江省の貿易額は31.1%増で、全国平均を23.2ポイント上回っている。特に対露輸出は62.2%増にのぼる。 京津冀協同発展が奏効 地域経済の重要な成長源である京津冀協同発展が奏効している。 京津冀の上半期のgdpは合計4兆元以上で、全国の10分の1弱を占めた。 データに

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/14/content_58688004_0.htm - 2018-08-14

13.経済の強靭性は十分 中国経済情勢年央ウォッチ 

循環の促進、大衆による創業・イノベーションと新技術革命の波の密接な融合、新旧の成長エネルギー転換が強靭性の基となっている。「一帯一路」建設、長江デルタ発展、京津冀協同発展、広東・澳門・香港大湾区建設などが経済を持続的に後押ししていることも要因だ。 現在、外部環境に大きな変化が起こり、中国経済も高速成長からハイクオリテ

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/07/content_58195796_0.htm - 2018-08-07

14.経済の強靭性は十分 中国経済情勢年央ウォッチ 

成果、価格回復、コスト低下、利益改善、マインド増強という良性循環の促進、大衆による創業・イノベーションと新技術革命の波の密接な融合、新旧の成長エネルギー転換が強靭性の基となっている。「一帯一路」建設、長江デルタ発展、京津冀協同発展、広東・澳門・香港大湾区建設などが経済を持続的に後押ししていることも要因だ。1 2 >

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/07/content_58195796.htm - 2018-08-07

15.中国には経済の安定成長を維持していく自信がある 新華社論説 

 中国経済の「行穏致遠」の底力は、靱性(レジリエンス)や潜在能力が高く融通がきくという特性にあるという点に変わりはない。中国の地域発展の余地は非常に大きく、京津冀(北京・天津・河北)地域の共同発展や長江経済ベルトの発展に加え、西部開発、東北振興、中部勃興、東部先行発展、人間本位の新型都市化や農村振興などを促進すること

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2018-08/03/content_58015437_0.htm - 2018-08-03


1  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [>>]


    Search in the results

Copyright © China Internet Information Center. All Rights Reserved